レイキヒーリングとは

日本発祥の民間療法の一つです。

1922年3月、臼井甕男(うすいみかお)先生が鞍馬山で絶食して21日目、雷のような衝撃で失神し、目が覚めた時にはこの能力が備わっていたといわれています。

民間療法であり、 手当て療法・エネルギー療法の一種。

代替医療・補完療法として行われることもあり、 2007年時点で世界で500万人が実践しています。
国によっては、法律で認められ医療保険が適用されているところも。

※宗教とは関係がありません。

ゆうきをフォローする
米子市 レイキヒーリング教室ライトグループ
タイトルとURLをコピーしました